TOEICの概要を知ろう

TOEICとは、英語のコミュニケーション能力を評価するテストで、世界共通で行われています。設問は全200問あり、これを2時間で解答しなければなりません。もちろん問題も答えの選択肢も全て英語で記載されています。設問は大きく分けると、リスニングとリーディングでそれぞれ100問ずつです。100問リスニング問題に神経を集中させて解答した後に、長文を読み解いて考えていくのは非常に集中力がいる作業です。リスニングの指示事項も英語で放送されますので、問題文に入る前からよく聞いておきましょう。解答はマークシート形式なので、解答欄に擦れが生じないように、時折確認しながら解いていくといいでしょう。勉強をするにあたって、英語の能力を伸ばすことは最も大切ですが、限られた時間の中で大量の問題を解いていくには、集中力とスピードも大切です。

TOEICと他の試験の違い

TOEICはリスニングとリーディングで構成される英語のコミュニケーション能力を評価するテストです。テストといっても、他の検定とは異なっている点がいくつかあります。まず、点数によって合否が決まるわけではありません。満点は990点ですが、どんなに低い点数でも不合格というものはなく、スコアがそのまま成績として残ります。また、初級者は3級、上級者レベルは1級というような区切りも全くありません。皆が同じ問題を一斉に受けることになります。英語の初級者の方には難易度が高いですが、最初は目指す点数を決めて勉強し、受験回数を重ねて少しずつ目標を高くしていくと良いでしょう。書店やインターネットでは、TOEIC対策用の参考書が多数販売されています。目標点によって参考書が分けられているものも多いので、自分に合った教材を見つけて挑戦してみましょう。

TOEIC試験の特徴

TOEICは世界共通の英語を評価する判断基準となっています。近年、日本でも海外に進出したり、社外だけでなく社内でも英語を利用する企業が増えており、TOEICの受験を推奨されています。テスト問題も、テーマは多岐に渡っていますが、ビジネスや日常会話を題材にしたものが多く出題される傾向にあります。公開されている平均スコアは、550〜580点前後です。これを基準に、管理職へ昇進するにはスコアが600点が必須などの条件を設けている会社もあります。このテストと同様に英語能力を測る試験として日本英語能力検定試験がありますが、難易度は英検1級より少し低めです。受験資格等もないので、誰でも受けることができます。ビジネスシーンだけでなく、大学でも授業の一環として受験することが推奨されているところも多くあります。

TOEICのことならエッセンスイングリッシュスクール 当校周辺にはコンビニエンスストア、飲食店も充実しているからお昼休憩も不自由しません。 本校は豊島区南池袋に位置しており、各路線の池袋駅が最寄り駅ですので、生徒さんも通学に便利な立地です。 授業は1回完結型のため、随時途中入校ができます。 本校は、優秀な講師陣によって練られたカリキュラムで効率的で効果的に講義を行うことで、生徒のスコアにその成果が結果として現れています。